私がおすすめするアニメ、クレヨンしんちゃんをご紹介します。
おバカなこともするけれど、仲間思いの幼稚園児の野原しんのすけ(しんちゃん:5歳)を中心に家族や幼稚園の友達などが登場するギャグアニメです。
アニメは放送開始から20年以上続いていますが、このアニメではキャラクターは年を取ることはありません。
このアニメの面白いところは、しんちゃんを始めとする個性的なキャラクターがいることです。
しんちゃんは独特の感性を持っています。そのため、おバカなことをして母親みさえから怒られることもしばしばあります。
しかし怒られているだけかと思えば、みさえや父親ひろしのことを冷静につっこむ一面を持ち合わせています。
また、しんちゃんは思いやりがあります。赤ちゃんである妹のひまわりの面倒を見たり、幼稚園児の友達に対してはふざけることはあっても、いじめることはありません。よく公園などで遊んでいます。
そしてしんちゃんは年上のおねえさんがとても大好きです。そのような話になると、しんちゃんはおねえさんと一緒にいるところを妄想したり、変に大人びていることもあります。
幼稚園に通う5歳児なのに、5歳児らしかぬ強い個性がしんちゃんの面白さです。
家族に関しても、サラリーマンで足が臭いひろし、けちだけど無駄遣いするところがあるみさえ、そしてしんちゃんとは違いイケメン好きなひまわりがいて、とてもユニークです。
いつもはドタバタが多いですが、ここぞというとき家族の団結力は最強です。
家族以外にも個性的なキャラクターは多く、一話限りのキャラクターも同じように個性的です。
またこのアニメはギャグだけではなく、感動ものやホラー要素などが入った話もあります。
時事ネタが入ることもあり、話がテンポ良く進んで面白く、思わず共感してしまうのが、このアニメの特徴だと思います。
そのため、子どもからお年寄りまで様々な年代の人が楽しめるアニメだと思います。