「でろでろ」、「ハイスコアガール」、「ミスミソウ」等々、幅広い良作を数多く発表している押切 蓮介氏による読み切り作品です。

佐藤大学の漫画研究サークルでの紅一点であり、周りから「姫」と呼ばれ親しまれる城兼 姫美は居心地が良く、皆が心底漫画を愛しているというこの空間をとても大事に思っていました。しかしそんなある日、サークルに葉月 こすもと名乗るアニメっぽい風貌をしたボクっ娘が入ってきて周りの注目を集めていってしまいます。しかし、こすもこと土手山 のぶ子と姫美は旧知の中であり、もっと言えば同じ目的を持ち修行を積んできた仲間でもありました。

彼女たちは「口車」という秘密組織の一員であり、あらゆる手を使ってサークルの人間関係を破壊する方針のもと動いていたのです。

というストーリーで進んでいくお話は荒唐無稽ながら、美少女に会った漫研部員の面々のリアクションがビックリするほどの「あるある」だったりと不思議な説得力があります。

特にこすもの謀略によって初体験を果たした部員に対して姫美が秘術を用いて童貞に戻してしまう下りは、今まで漫画の中では見たことがなかったほどの「大きなお世話」でもあり読んでいて色々と悶絶してしまいました。しかも姫美は決着をつけた後サークルから去ってしまうのですから、冷静になった部員も「責任を取ってくれ!」と叫び出しそうになるのではないかとも思いましたね。

仲の良いサークルが一人の新顔によってかき回されていく、といった話は結構ありますが、それほど深い心理や関係性に言及せず、破壊だけを目的にするグループや人物を登場させた作品は希少なのではないかと思います。ネットから無料で読むこともできますし、是非一度読んでみることをオススメしたいですね。