未分類

美味しいもの好き・ケモナー垂涎!小人のほのぼの系漫画『ハクメイとミコチ』

動物大好き!または登場するお料理がとっても美味しそう…。そんな漫画を見るのが好きな方にぜひオススメしたいのが『ハクメイとミコチ』(樫木拓斗作・エンターブレイン制作・株式会社KADOKAWA発行)です。主人公のハクメイとミコチは2人暮らしをしている小人の女性です。そんな2人が仕事や町の人間や動物達の日常を過ごす内容になっています。 まずお薦めなのがもっふもふの動物達が登場する点! ケモナーにはオススメです!二足歩行の動物達が小人たちと一緒に生活しています。 主人公の1人であるハクメイは、イタチの『イワシ』と... Read More

敷居の住人 志村貴子

敷居の住人は、志村貴子による全56話の青春ラブコメ漫画です。 主人公の千暁とヒロインのキクチナナコは、当時、同年代のキャラクターで、悶々とする思春期の気持や、大人になれそうでなれきれない様子に共感していました。また、二人の恋愛模様と言いますか、友情とも恋心とも言えるような関係にも、少なからず憧れていたように思います。 他にも友人などユニークなキャラクターが登場しますが、一番良い味を出しているのは、彼等を取り巻く大人達です。 中でも私のお気に入りは、千暁に瓜二つの担任、兼田と、千暁のボンクラ親父です。兼... Read More

女子力アップに期待大の映画「ルビー・スパークス」

私が今日お勧めしたい映画は2012年ジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリスの共同制作『ルビー・スパークス(Ruby Sparks)』です。 この映画の見どころはなんといっても主役のルビー・スパークスを演じるゾーイ・カザンと天才小説家カルヴィン・ウェア=フィールズを演じるポール・ダノの二人の恋愛模様です。 カルヴィンによって生み出された小説の主人公ルビーがとてもチャーミングで、名前の通りルビーレッドの靴を中心とした着こなしが良く似合っています。 彼女はある日突然カルヴィンの夢の中に現れますが、彼が目が覚... Read More

駿河屋漫画買取体験

前回に続き、買取体験談です。 今回は売って良かった話です(笑) 家で大事に保管しているけどもう何年も読んでいない漫画本や聴くことのないCDを売ることにしました。 当初、家から車で15分くらいの中古ショップに直接売りに行こうかとも考えたのですが、以前の反省を生かして前もってネットで色々調べることにしました。 前回の買取体験記事>>CDやDVDの出張買取体験 さてネットで買い取り業者について検索してみたところ、本当に沢山の業者が存在していることがわかりました。 どこにすればいいのか全くわからず迷いながら色んな... Read More

CDやDVDの出張買取体験

趣味で漫画本や、CD、DVDを集めています。 かなり前の話ですが、CDやDVDが増えすぎた時にある有名古本屋の出張買取を利用した際の体験談です。 いつも、中古の漫画をその中古屋で買う際にたまに「出張買取」と書いたチラシが入っていたので、以前から気にはなっていました。 電話してみると、ある程度の漫画本の何冊か、CDとDVDは何枚かなどを聞かれました。全部で100個程でした。 電話すると、丁寧に空いてる候補日を何個か教えてくれるので買取の予約は便利です。また、出張費用はかかりません。 利用したのは近所の店舗で... Read More

10年前の阿部寛主演の傑作ドラマ!

私がオススメするドラマのDVDは阿部寛主演の「結婚できない男」です。 もう10年前の作品になりますが、今観ても色あせることのない傑作ドラマであると私は思っています。 長身イケメンモデル出身の阿部ちゃんこと役者阿部寛がキモくてモテない男を好演しており、キムタクや福山雅治ではこの様な格好の悪い役は絶対にできないでしょうし、しようとしないと思いますがこれが役者阿部寛とアイドル俳優の違いであり、こうゆう役ができるからこそ高身長イケメンの阿部ちゃんが男にも指示され、好感度も高い理由だと私の個人的見解ながらそう思いま... Read More

私が「空飛ぶペンギン」になりたかった

夫、高生浩の愛人達の子供である長男の右近、次男の麻利男、三男の式部(心は女の子)を引き取って育てる高生道子。 恋人ができた加倉井遠野子に置き去りにされた主人公初子は、なんやかんやで道子の家に引き取られ、超個性的な兄弟たちと同居生活を送ることになります。 穏やかで贅沢なお姫様な暮らしが待っているかと思えば、グッチャングッチャンのドッロンドッロンの愛憎劇が繰り広げられます。 復讐、近親相関、マインドコントロール、男性同性愛者や愛人と中々にシリアスなモチーフがちりばめられていますが、秋里和国ワールドは決してシリ... Read More

ベルゼバブと言うジャンプの漫画のレビューをしてみます

「ベルゼバブ」と言う漫画を知っていますか? この漫画はジャンプで昔連載されていた漫画なんですが、この漫画が非常に面白いです。 今回は私がジャンプの漫画の中でかなり上位に入るくらい好きだった漫画の感想を書いていきたいと思います。 この漫画の簡単な物語をまず言います。 この漫画は不良で喧嘩が強い高校生、男鹿がある時魔界から送られて来た魔王の子供をひょんなことから男鹿が育てないといけなくなってしまいます。 魔王の子供なので泣いたら雷が落ち、おねしょをすると大洪水、そんな普通ではありえない様な赤ん坊を育てながら繰... Read More

滝を見にいく、けど、見れたかな?

「滝を見にいく」は沖田修一監督の作品です。「南極料理人」「横道世之介」「キツツキと雨」などが知られています。 この作品も沖田監督らしい、ユーモアとリアルなせりふがいっぱいです。 主役は7人のおばちゃん。これがほぼ知らない人ばかり。なかには本当に素人の人もいるようです。 滝を見にいき、温泉にはいるというツアーに参加します。 ところが現地についても滝が分からない。ガイドが探している間、みんな勝手に歩いて、ついにはぐれてしまいます。 よくありますね、おばさんツアーらしい、みんな身勝手な行動です。そこは携帯もつな... Read More

『イエス』は魔法の言葉!元気になれる傑作映画

『イエスマン』という、映画のタイトルからして、底抜けにハッピー野郎の話かと思われてしまいそうですが、それは違います。 主演のジム・キャリーが元より好きであったために、この映画を鑑賞したのですが、なんと面白暖かい映画だろうとこれまで、少なくとも5回は観ています。離婚をきっかけに、プライベートでも仕事でもふさぎ込みがちのカール(銀行員)が、友人の誘いで、ある講演会に参加します。 その講演の内容というのが、“なんにでもイエスと答えろ、さすれば道は開かれる”というものでした。 宗教めいた匂いがしますが、そんなこと... Read More