「僕のヒーローアカデミア」という作品は、週刊少年ジャンプで連載されている堀越耕平先生原作のヒーローバトルもののジャンプらしい作品です。
私がこの作品を知ったきっかけは、CMで僕のヒーローアカデミア The Movie 〜二人の英雄〜の予告編を見たときでした。
第一印象は迫力がすごい!というものでした。他にも、きっと誰もが誰かのヒーローというキャッチフレーズを聞いてじーんと感動を覚え、とりあえずアニメを見てみました。
アニメを少しみたらハマってしまい、1週間で50話近く見終わってしまいました。
そこから漫画を買いたいという気持ちになって、ちょうど集英社のナツコミというフェアが開催されていたため、僕のヒーローアカデミアを全巻は買えませんでしたが、15巻までかいました。ちなみに最近20巻が発売されたところで、早く追いつきたいと思っています。
原作者の堀越耕平先生はすごい特技を持っていて、一発書きでキャラのポージングや顔のパーツのバランスを取ることが出来ます。
よく漫画でありがちなのは、1巻目から最終巻を比べるとすごく画風が変わってしまうことですが、堀越耕平先生は1巻目から画力が高く、アニメの画像と何の遜色も無いと思ってびっくりしました。
他にも漫画ならではの良いところは、空いたスペースにキャラの細かい情報が書かれているところです。
自分がアニメを見ている時からの推しキャラの私服の絵を見れてすごく嬉しかったです。